タグ別アーカイブ: 2017 ホーム ユニフォーム

川崎フロンターレ ユニフォーム アウェイ 2017シーズン

kawasaki-frontale-2017-uniform-away-puma-02

【チーム紹介】
川崎フロンターレは、日本の神奈川県川崎市をホームタウンとする、日本プロサッカーリーグに加盟するプロサッカークラブです。川崎フロンターレの名前から言うと、フロンターレはイタリア語で「正面」の意味で、これは正面から正々堂々に戦う姿の表現だと考えられます。川崎フロンターレのエンブレムは川崎市の花「つつじ」が刻まれます。「先進技術を生み出す、臨海都市の海」をシンボライズし、優しくて親しみやすい「イルカ」をモチーフにしてエンブレムの下部に配置します。チームカラーは海のようなブルーで、世界に向けて魅力がある川崎市を表現されます。

【カラー】
ホワイト

【サプライヤー】
プーマ

【シーズン】
2017

【商品特徴】
川崎フロンターレ ユニフォーム2017シーズンは発表されていました。アウェイは白基調に水色とライトグレーのペンキグラフィクです。本身は川崎市の各区の地形とクラブマスコット「カブレラ」も描かれています。背中にはSMBC日興証券仕樣を印刷して、背中裾にはニフティ株式会社ロゴを付けます。株式会社富士通マーケティングロゴを袖に付け、サプライヤーは前続き「PUMA」です。

【マーキング】
自由にマーキング可能

【価格】
6500円

images

名古屋グランパス 2017 ユニフォーム ホーム 発表

9dd724bd-5f88-4bab-9502-122d3c123df9_1

【チーム紹介】
名古屋グランパスエイトは、日本の名古屋市、豊田市、みよし市を中心とする愛知県全県をホームタウンとする、日本プロサッカーリーグに加盟するプロサッカークラブ。呼称は名古屋グランパスである。
プロリーグ設立委員会から話を持ちかけられた当初、トヨタ自動車は「先行きに見通しが立ちにくい」とJリーグ参加には難色を示し、1990年5月に不参加を決定した。それに対し、プロリーグ設立委員会は「名古屋にチームが無ければリーグが盛り上がらない」と説得し、県協会を使っての署名活動や地元メディアと連携し、Jリーグ加盟を取り付けたという。トヨタの参加表明は不参加決定を発表してから7ヶ月後、同年12月のことだった[7]。なお、プロとして活動する選手をグランパスエイトに、またグランパスエイトに参加せずに社業に専念する選手を静岡県裾野市にあるトヨタ自動車東富士FC(当時東海社会人サッカーリーグ所属。1993年廃部)にそれぞれ移籍させた。

【カラー】
レッド×ホワイト

【サプライヤー】
ミズノ

【シーズン】
2017

a59c2803-2f3d-4de3-a53e-2c2129e408a1_1

【商品特徴】
2016シーズンの名古屋グランパス ユニフォームホーム(1st)は、情熱・力強さ・積極性・ダイナミズムを表現した伝統のグランパスレッドを基調に、チームスピリッツカラー(バーバリアンレッド・ノーブルレッド・スターオレンジ)を組み合わせたデザイン。目を引くのはやはりチェック柄で、小さな格子が集まって大きな格子を構成したグレンチェックには、個人の力を集結して大きな力を発揮しようという意図を込められている。J1復帰を目指す上で間違いなく必要な要素の一つだろう。

【マーキング】
自由にマーキング可能

【価格】
6500円
このユニフォームが欲しい方は、images

鹿島アントラーズ 2017ホーム ユニフォーム 発表

kashima-antlers-2017-uniform-home-nike-04

【チーム紹介】
鹿島アントラーズは、日本の茨城県鹿嶋市、神栖市、潮来市、行方市、鉾田市をホームタウンとする、日本プロサッカーリーグに加盟するプロサッカークラブ。

【カラー】
ネイビー×レッド

【サプライヤー】
ナイキ

【シーズン】
2017

【商品特徴】
2017シーズンの鹿島アントラーズ ユニフォームは発表されていました。ホームはクラブ史上初となるネイビーを基調としたカラーコンビネーションを採用。鹿島灘をイメージしたネイビーにクラブの魂ともいえるディープレッドをボーダー柄で合わせ、躍動感あるデザインに仕上げている。アクセントカラーにはゴールドを用いて、袖部にはJリーグ王者の証であるチャンピオンマークが刻印される。 チームエンブレムはワッペン織り縫い付けている。メーカーロゴは刺繍です。

【マーキング】
自由にマーキング可能

【価格】
6500円
このユニフォームが欲しい方は、☛images