月別アーカイブ: 2017年3月

Jリーグ最近試合日程

日本プロサッカーリーグ(にほんプロサッカーリーグ、英語: Japan Professional Football League)は、日本のプロサッカーリーグ。略称はJリーグ(ジェイリーグ、英語: J.LEAGUE)。主催団体は公益財団法人日本サッカー協会(JFA)、公益社団法人日本プロサッカーリーグ。主管団体はJリーグに加盟する各クラブ。

日本Jリーグ最近の試合日程をまとめて、以下の通り:

shiaishiai0

試合を観戦するために、j リーグ ユニフォームを着る応援しよう。

 

ロアッソ熊本 2017 ユニフォーム発表

27175eb0-18de-49a3-87e2-ef5f8227c5a2

【チーム紹介】
ロアッソ熊本(ロアッソくまもと、Roasso Kumamoto)は、日本の熊本県熊本市をホームタウンとする日本プロサッカーリーグ(Jリーグ)に加盟するプロサッカークラブである。

【カラー】
レッド

【サプライヤー】
プーマ

【シーズン】
2017

【商品特徴】
2017シーズンのロアッソ熊本 ユニフォームホームはモデルはクラブカラーである赤を基調としたボーダー柄を採用して、クルーネックデザインを利用して、右袖のホームタウン表記には、地震で大きな被害を受けた熊本城を今季から追加している。背面の「くまモン」はすっかり定着し、火の国、熊本らしい燃え上がるようなコーディネートだ。左胸にはチームエンブレムを織りワッペン縫い付け、右胸にメーカーロゴを刺繍している。背中の「マイナビ」と、背中裾の「熊本電力」はプリントしている。

【マーキング】
自由にマーキング可能

【価格】
7000円(10番号を入れて)

d6b8c4cb-69ff-4f6f-bd73-516d7fb843c9

他の背番号とネームが欲しいなら、もっとの200円を支払っていい。購入リンクは以下の通りで、ご利用ください。

images

清水エスパルス 2016「S-PULSE 超ドS シリーズ」 記念版販売

8_10_1

【チーム紹介】
清水エスパルス(しみずエスパルス、Shimizu S-Pulse)は、日本の静岡県静岡市をホームタウンとする、日本プロサッカーリーグ(Jリーグ)に加盟するプロサッカークラブ。ホームタウンである静岡県が日本でも有数のミカンの生産地であり、また「喜び・希望・若さ・前進・元気」をイメージさせる理由からオレンジに。その清水が、2016年7月20日から8月14日にかけてのホームゲーム4試合「S-PULSE 超ドS シリーズ」で使用する限定ユニフォームを発表した。

【カラー】
オレンジ×ブラック

【サプライヤー】

プーマ

【シーズン】
2016

【商品特徴】news_column_images246664
2016シーズンの清水エスパルスユニフォーム デザインは通常のホームと同じテンプレートに、少し前まで定番だったオレンジと黒を配色した力強い仕上がりだ。正面に付けられた「S-PULSE 超ドSシリーズ」のロゴもインパクト十分。夏場に黒いユニフォームはたしかに“ドS感”があるが、試合はすべてナイトゲームで行われる。

【マーキング】
自由にマーキング可能

【価格】
6000円

images

1-582

京都サンガFC 2017シーズン ユニフォーム ホームを発表

【チーム紹介】

京都サンガF.C.(きょうとサンガエフシー、Kyoto Sanga F.C.)は、日本の京都府京都市、宇治市、城陽市、向日市、長岡京市、京田辺市、木津川市、亀岡市をホームタウンとする、日本プロサッカーリーグ(Jリーグ)に加盟するプロサッカークラブ。img-uni-01

【カラー】

パープル×ホワイト

 

【シーズン】
2017

【サプライヤー】
Wacoal

【商品特徴】
2017シーズンの京都サンガFC ユニフォームホーム(1st)は、紫と赤で交錯する線は、京都を代表する街並みのひとつ「碁盤の目」を表現。エンブレムから流れる深い紫の襷は、真っすぐな道を表し、険しく厳しい道のりであったとしても、紫の力を集結しJ1昇格へと導く道しるべとなるようにとの思いを込めました。素材・仕様においても、京都の伝統工芸品のごとく徹底的にこだわり、これまで以上の「極み」の軽量化を実現。襟には伸縮性のあるリブ素材を採用し、着脱時のストレス軽減とフィット感をアップ。紫の襷は「紫魂」を、赤のラインは「鳳凰の力強さ」を表している。

【マーキング】
自由にマーキング可能

【価格】
6500円

このユニフォームをお持ち買いたい方は、こちらへimages

川崎フロンターレ ユニフォーム アウェイ 2017シーズン

kawasaki-frontale-2017-uniform-away-puma-02

【チーム紹介】
川崎フロンターレは、日本の神奈川県川崎市をホームタウンとする、日本プロサッカーリーグに加盟するプロサッカークラブです。川崎フロンターレの名前から言うと、フロンターレはイタリア語で「正面」の意味で、これは正面から正々堂々に戦う姿の表現だと考えられます。川崎フロンターレのエンブレムは川崎市の花「つつじ」が刻まれます。「先進技術を生み出す、臨海都市の海」をシンボライズし、優しくて親しみやすい「イルカ」をモチーフにしてエンブレムの下部に配置します。チームカラーは海のようなブルーで、世界に向けて魅力がある川崎市を表現されます。

【カラー】
ホワイト

【サプライヤー】
プーマ

【シーズン】
2017

【商品特徴】
川崎フロンターレ ユニフォーム2017シーズンは発表されていました。アウェイは白基調に水色とライトグレーのペンキグラフィクです。本身は川崎市の各区の地形とクラブマスコット「カブレラ」も描かれています。背中にはSMBC日興証券仕樣を印刷して、背中裾にはニフティ株式会社ロゴを付けます。株式会社富士通マーケティングロゴを袖に付け、サプライヤーは前続き「PUMA」です。

【マーキング】
自由にマーキング可能

【価格】
6500円

images

鹿島アントラーズ 2017 ユニフォーム ナイキによる発表

kashimaanntorazu2017away

【チーム紹介】
鹿島アントラーズ(かしまアントラーズ、Kashima Antlers)は、日本の茨城県鹿嶋市、神栖市、潮来市、行方市、鉾田市をホームタウンとする、日本プロサッカーリーグ(Jリーグ)に加盟するプロサッカークラブ。

【カラー】
ピンク

【サプライヤー】
ナイキ

【シーズン】
2017

【商品特徴】
2017シーズンの鹿島アントラーズ ユニフォームは発表されていました。アウェイはクラブ史上最も革新的かつ斬新な“ハイパーピンク”を基調としたデザイン。色彩の観点において、ピンクはグリーンの反対色。ピッチ上でも際立つハイパーピンクは、アウェイの地でも相手チームに存在感とインパクトを与えることになりそうだ。Vネックを採用して、胸前のスポンサー名はプリントしている。左胸にはチームエンブレムを圧着して、メーカーロゴを右胸に刺繍している。袖にはJリーグのロゴを付け、背中裾に「RISO」字様を印刷している。

【マーキング】
自由にマーキング可能

【価格】
6500円

このユニフォームを気に入っているか。好きな方は逃さないでように。

images

 

名古屋グランパス 2017 ユニフォーム ホーム 発表

9dd724bd-5f88-4bab-9502-122d3c123df9_1

【チーム紹介】
名古屋グランパスエイトは、日本の名古屋市、豊田市、みよし市を中心とする愛知県全県をホームタウンとする、日本プロサッカーリーグに加盟するプロサッカークラブ。呼称は名古屋グランパスである。
プロリーグ設立委員会から話を持ちかけられた当初、トヨタ自動車は「先行きに見通しが立ちにくい」とJリーグ参加には難色を示し、1990年5月に不参加を決定した。それに対し、プロリーグ設立委員会は「名古屋にチームが無ければリーグが盛り上がらない」と説得し、県協会を使っての署名活動や地元メディアと連携し、Jリーグ加盟を取り付けたという。トヨタの参加表明は不参加決定を発表してから7ヶ月後、同年12月のことだった[7]。なお、プロとして活動する選手をグランパスエイトに、またグランパスエイトに参加せずに社業に専念する選手を静岡県裾野市にあるトヨタ自動車東富士FC(当時東海社会人サッカーリーグ所属。1993年廃部)にそれぞれ移籍させた。

【カラー】
レッド×ホワイト

【サプライヤー】
ミズノ

【シーズン】
2017

a59c2803-2f3d-4de3-a53e-2c2129e408a1_1

【商品特徴】
2016シーズンの名古屋グランパス ユニフォームホーム(1st)は、情熱・力強さ・積極性・ダイナミズムを表現した伝統のグランパスレッドを基調に、チームスピリッツカラー(バーバリアンレッド・ノーブルレッド・スターオレンジ)を組み合わせたデザイン。目を引くのはやはりチェック柄で、小さな格子が集まって大きな格子を構成したグレンチェックには、個人の力を集結して大きな力を発揮しようという意図を込められている。J1復帰を目指す上で間違いなく必要な要素の一つだろう。

【マーキング】
自由にマーキング可能

【価格】
6500円
このユニフォームが欲しい方は、images

浦和レッズ 2017 ユニフォーム ホーム発表

0c9b6c2f-8444-412e-afd6-d139f172b273

【チーム紹介】
浦和レッドダイヤモンズは、日本の埼玉県さいたま市をホームタウンとする、日本プロサッカーリーグに加盟するプロサッカークラブ。呼称は浦和レッズである。

【カラー】
レッド×ホワイト

【サプライヤー】
ナイキ

【シーズン】
2017

【商品特徴】
2017シーズンの浦和レッズ ユニフォームは発表されていました。ホームは、クラブ設立25周年を表す“25”をローマ数字“XXV”で表現した大胆なグラフィックを採用。右胸にメーカーロゴを刺繍して、クラブエンブレムは織りワッペン縫い付け。Vネックデザインを採用。襟それぞれのピンストライプの束は12本で形成されており、チームワークやファン・サポーターとの結束を表している。中央の大きなダイヤモンドの中に縦に描かれている25本のストライプもまた25周年を表現し、太さの違うピンストライプの先端部分を鋭く描く事で、流れる様なスピード感と躍動感をイメージした。

【マーキング】
自由にマーキング可能

【価格】
6500円
このユニフォームが欲しい方は、☛images